鳴門れんこん

鳴門れんこん

鳴門れんこん

鳴門れんこんは色白でシャキシャキと歯切れが良く、柔らかい口触りが特徴です。
良質の粘土質の土壌で栽培され、一本一本手作業で掘って収穫されます。
徳島県は、全国のれんこんの三大産地(徳島県、茨城県、愛知県)のひとつと言われ、出荷量は茨城県に次いで2位!
旬は晩秋~冬にかけて。12月のおせちの時期が最盛期です。
細くて白長い「新れんこん」は、6~7月が収穫期です。

れんこんの栄養

れんこんを切ると、切り口が糸を引きます。 これは、れんこんに豊富に含まれている食物繊維。
血糖値の上昇を抑え、コレステロールの吸収を抑制してくれます。

鳴門れんこん

れんこんに含まれる主な栄養成分

  • ◆鉄分(貧血予防)
  • ◆タンニン(止血効果)
  • ◆ビタミンC(免疫力の向上)
  • ◆カリウム(過剰に摂取されたナトリウムを排泄し、血圧や心拍を調整)

鳴門れんこんの歴史

鳴門市にれんこんが来たのは大正8年(1919)に板野郡松茂村(現松茂町)の佐藤竹太郎氏ほか2人が、 岡山県から種れんこんを持ち帰って栽培したのが、始めとされている。(が、歴史が浅いから、自称の創始者が大勢いるという。) しかし、当時は採算がとれず、あまり普及しなかったと思われる。
本格的に作付されるようになったのは、昭和21年の南海地震によって大津町の東部地域で塩害で稲が大幅に減収したことなどで、塩害にあった水田を利用する農家が増えたからと考える。

鳴門れんこんができるまで

れんこんの育成ステージは、種れんこんの貯蔵養分を中心に生長する生育初期、茎葉が繁茂して光合成を盛んに行い地下茎を伸ばす生育中期、れんこんが肥大、充実する生育後期に分けられる。

れんこんの成長
れんこんの成長

生育初期は種れんこんの貯蔵栄養を利用しながら、自立に向けて新しい葉を生長させている時期で、立葉2~3枚の頃までを言う。
これ以降、葉からの栄養供給のみで生長する自立栄養に転換していく。これが育成中期になる。この頃から葉からの栄養供給による生長が進み、葉数が増加するとともに、地下茎の分岐が盛んになる。
生育後期は地下部の生長が落ち着いて開花の終わった頃で、地下茎の先端のれんこんの肥大が盛んに行われる。
れんこんは非常に生命力が強く、新しくできた新レンコンの節からまた新しいれんこんが生えてきます。1本のれんこんに何本ものれんこんが生えている状態になるんだそうです。 その出てきたれんこんを親として来年に使用したりします。

関東のれんこん
関西のれんこん

関東地域では節間の短い、丸い系統(ダルマ系)のれんこん。
関西地域では長い系統のれんこんが好まれている。
全国的には丸い系統が主流だが、徳島県・愛知県では古くから長い系統の品種である備中種が多く栽培されている。これは長い系統の品種が、京都や大阪、名古屋の市場で好まれるからである。

鳴門で作られているれんこんの品種

徳島県の主な栽培品種:備中種、オオジロ、ロータスの3種類である。

れんこんの品種 備中種
【 備中 】
明治の職に長崎に渡来し、岡山県が基点となり、備中種と呼ばれて各地に移動・伝播したとされる。現在、徳島県で露地栽培されている主力品種である。
晩生だが、れんこんの肥大はよく収穫量は高いれんこんの形状は大型で楕円形、深い位置に伸長する。
節の接合は直線で肌色は微褐色、肉厚。 他の種類に比べて、葉の大きさは中の大、花