阿波藍

藍の効果

藍染の生地
【生地の強化】
藍で染めると生地が強くなります。
消臭・解毒
【消臭・解毒作用】
皮膚の雑菌の繁殖を抑え、消臭効果があります。
防虫
【防虫】
藍の匂いが虫・ヘビを寄せ付けにくくします。

藍染製品ができるまで

阿波藍には一年草のタデ藍が使われます。
一般的に3月上旬の大安の日を選んで種まきが行われ、6・7・8月に成長した藍葉を刈り取ります。
刈り取りが終わると今度は、藍師による藍染めの染料・すくも作りが始まります。9月上旬の大安の日を選んで寝せ込みが行われ、約100日程かけてすくもを完成させます。出来上がったすくもは、実際に染色を行う人の手により発酵(藍を建てる)され、美しい紋様や色合いの製品となります。

タデ藍の栽培

タデ藍

タデ藍は生命力が強い植物で、ぐんぐん成長しますがアブラムシなど害虫被害に注意が必要です。
一般的に春に種を巻き、何回かに分けて夏に刈り取りを行います。

タデ藍の苗
【苗】
種をまいて1ヵ月少々の状態。 畑に植え替えます。
タデ藍の花
【花】
藍の花です。 白い花を付けるものもあります。

すくもづくり

すくも

藍葉を発酵・熟成させたもの。乾燥→寝せ込み・水内→切り返し→むしろ着せと、藍葉の刈り入れから約100日もかけて作ります。
保存が楽で比較的時期を選ばずに藍を建てることができ、色落ちが少なく濃い色に染まります。

藍玉
【藍玉】
運搬し易いよう、すくもを臼で小さく突き固めたもの。
出荷の状態
【出荷の状態】
藍玉が入っている袋です。日本各地に出荷されます。

染める

藍染

水に溶けない藍を、水溶性にするため藍甕(あいがめ)を28度前後に温めながら発酵します(藍を建てる)。 建て終わった藍甕→空気に晒す、を往復して濃紺を調節し、最後に水洗いで完成。

藍の華
【藍の華】
つやつやとした泡。大きな膨らみは藍が元気な証拠。
藍甕
【藍甕】
藍甕として大物の焼き物・大谷焼も発展しました。

阿波藍の歴史

吉野川

吉野川 中流域