大谷焼

大谷焼とは

大谷焼

大谷焼は徳島県鳴門市大麻町において、230年以上の伝統がある徳島を代表する陶器です。
江戸時代後期、安永9年(1780年)に、四国八十八ヶ所霊場の巡礼に来た 豊後の国(大分県)の焼物細工師・文右衛門が、ここ大谷村において、 蟹ヶ谷の赤土で作ったのが起源とされています。
かつて徳島の一大産業であった”藍”とともに発展。藍玉(藍の塊)を入れて、発酵を促し染液にするための巨大な甕[かめ]は、藍甕用として盛んに焼かれてきました。水甕、睡蓮鉢など大物陶器の生産を開始したことが大谷焼の始まりだといわれています。

近年では、湯のみなどの日用雑器や芸術作品まで幅広く作られ、大谷焼独特の素朴さと雄大さ、県内外で賞賛されています。
平成15年(2003年)経済産業省の伝統的工芸品に指定されています。

伝統的な大谷焼の特徴

鉄分の多いざらりとした手ざわりと金属的な光沢。
身の丈ほどある大物陶器を作る際は、『寝ロクロ』を使用するのが有名。(※『寝ロクロ』とは、二人一組になり一人が成形を担当し、一人が寝ころび足で蹴ってロクロを回す製法。)
山の斜面を利用して作られた『登り窯』で焼き上げる。
職人がロクロで手作りしている。

大谷の里マップ

大谷焼の工房では見学や陶芸体験を行なうことができますので、是非足を運んでみてください。

窯元連絡先一覧

名称 住所 電話番号 鳴との門企業ページ
大西陶器 鳴門市大麻町大谷字東山谷17-2 (088)689-0414 詳細ページ
佳実窯 鳴門市大麻町大谷字東山谷45 (088)689-0172 詳細ページ
田村陶芸展示館(元山窯) 鳴門市大麻町大谷字中通3-1 (088)689-4039 詳細ページ
陶業会館(梅里窯) 鳴門市大麻町大谷字道の上30-1 (088)689-0048 詳細ページ
森陶器 鳴門市大麻町大谷字井利ノ肩24 (088)689-0022 詳細ページ
矢野陶苑 鳴門市大麻町大谷字久原71 (088)689-0006 詳細ページ