竿・仕掛けの種類

竿の種類

万能竿

竿の種類

良く言えば万能、悪く言えば中途半端。
ウキ釣り、チョイ投げ釣り、サビキ釣りなど万能に使用できる竿。
初心者にオススメのエントリーモデルが多く、お手頃な価格帯のものが揃っています。一応何にでも対応できるので初心者にとって心強い竿です。
長さ・強さ共に様々なものが有りますが、一般的に力がない人は短め・柔らかめで。何でも釣れるものを、という人は、5m弱の磯竿風のものを選ぶと良いといわれています。
不意な大物でも対応できる様、少し良い竿がオススメです。

投げ竿 (砂浜や堤防での投げ釣り用)

竿の種類

砂浜や防波堤などで、オモリが付いた仕掛けを遠くに飛ばしたり、仕掛け糸を調整したりできる竿。
丈夫なものも多く一年を通して楽しめるので、人気があります。
200m近く飛ばす人もいて、遠投(キャスティング)の技術を競う競技会もあります。
遠投に特化した高価な投げ竿でなければ、万能竿の様に使うこともできます。

磯竿 (堤防や筏での釣り用)

竿の種類

投げ竿より長めで、5m前後のものが主流です。海の上層や中層を泳いでいる魚を磯や防波堤から釣るための竿のこと。
遠投には不向きですが、仕掛けや魚との細かなやり取りがしやすいといわれています。
竿の硬さを1~5の数字で表わしていて、数字が小さいほど柔らかです。

船竿 (船つり用)

竿の種類

船の上から大物を狙うときに使います。
頑丈で2~3mくらいの短めのものが主流です。

ちょい釣りセット

竿の種類

リールや仕掛けがセットになったビギナー用のセット。あとはエサだけ買えば釣りが楽しめます。
耐久性・操作性に難有り。2m少々と短いものが多く、慣れてくると使いづらくなってきます。

延べ竿

ガイドが無く、リールを取り付けない(継ぎ竿でない)一本竿。
小さな魚を釣るウキ釣りやサビキ釣りに使用しやすい。
延べ竿(のべ竿)とは本来一本からなる、ガイドが無くリールを使わない竿の事を言う。

ヘチ竿

防波堤などの