釣りの基本装備

釣りの基本装備

釣りの基本装備

釣りに必要とされる必要最低限の道具を紹介します。(餌以外)

竿

竿

魚が引っ張っても釣り糸が切れないようにしなる、柔軟性と強度があります。
釣り人から少し離れたところに針を落とすことができるので、人影を警戒する魚を狙いやすくなります。
初めての海釣りの場合、どんな釣りにも対応できる[万能竿]や、釣りを始めやすい堤防などで使う[磯竿]や[投げ竿]などがオススメです。
推薦竿は、釣る場所やターゲットの魚によって異なります。お店の方に相談してみましょう。

- 細かな竿の種類についてはこちら -

竿・仕掛けの種類

リール

リール

釣り糸をくるくると巻き取ります。釣り竿に取り付けてから使用します。
初心者にはシンプルで扱いやすく、遠投もしやすい[スピニングリール]がオススメ。
価格帯も様々です。大物を狙う人は、大型のスピニングリール、またはハイギアなスピニングリールを使用する場合もあります(船など)。
他にも用途に合わせた様々な種類のリールが出ています。

釣り糸

釣り糸

船の上から行う釣りです。
沿岸部を生息域としない大物を狙うことができます。
堤防釣りの装備でも大丈夫ですが、ここはぜひ大物にも対応できる道具で臨みたいところ。
プロの船長さんが釣れるポイントまで連れて行ってくれるので、かなりの釣果が期待できます。

釣り針

釣り針

初心者の人は、初めから仕掛けがセットになっているタイプ、またはハリスが付いたタイプを選びましょう。 釣り糸と結ぶ手間が省けます。

オモリ

オモリ

仕掛けを目的の場所に沈めるために使います。
遠くに投げる時にも便利です。

ウキ

ウキ

仕掛けを流したり、一定の水深に保ったりします。
魚が仕掛けにかかったかどうかの目印にもなります。

- 餌の種類についてはこちら -

釣りエサ

- 釣りの周辺道具についてはこちら -

釣りに必要な周辺道具・服装