他にもこんな、鳴門の魚

アイナメ

アイナメ

ガシラと同じカサゴ目ですが、鋭いトゲはなく大きさも一回り大きい。
普段は岩場の隅に暮らす臆病な魚ですが、オスは父性愛が強く、卵が孵化するまでオスが産卵場所から離れることはなく、メスでも関係なく追い払ってしまいます。
季節によっては寄生虫がいる可能性があるそうです。
産卵期は秋で、旬は冬から春にかけて。

分類 カサゴ目 アイナメ科
★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・唐揚げ・煮付け

アナゴ(穴子)

アナゴ(穴子)

昔から食用として盛んに利用されており、特に寿司ネタとしての美味しさは言わずもがな。
ウナギより脂分が少なく、あっさりしています。
旬は7・8月で、夕方頃から始める夜釣りの対象魚としておススメです。
ヌルヌルしているのでタオルを持っていきましょう。

分類 ウナギ目 アナゴ科
★ ★ ★ ★ ★
食べ方 天ぷら・寿司・煮付け・蒲焼

カマス

カマス

[ホンガマス(アカカマス)]は塩焼きが絶品。
背が青みがかった[ヤマトカマス]は水分を多く含んでいるので、そのままよりも干物にした方が、旨みが凝縮され美味しくいただけます。
堤防からは7・8月頃からルアーで狙えます。
「秋カマスは嫁に食わすな」ということわざもあるそうで、初秋に脂が乗ってきます。

分類 スズキ目 カマス科
★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・塩焼き・煮付け(アカカマス)

カワハギ(ハゲ)

カワハギ(ハゲ)

おちょぼ口がユーモラスな平べったい魚です。おちょぼ口でそぎ取るように餌をつつくので、釣りあげるのにはテクニックが必要です。
身離れが良く、刺身も煮付けなどいろんな料理に向いています。
背びれと尾びれに太く短いトゲがあるので注意しましょう。
一般的に夏、秋~冬と2回旬があり、夏は身が、秋~冬は肝臓が美味しいといわれています。

分類 フグ目 カワハギ科
★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・煮付け・唐揚げ・鍋物・椀物

キジハタ(アコウ)

キジハタ(アコウ)

沿岸部の岩や砂が混じった場所を好み、群れを作らず単独で生活しています。
ほんのりピンクがかった白身の魚で、刺身はさっぱりとしていますが、火を通すと旨みと弾力が増します。
ハタの仲間では最高級とされており、特に関西・九州圏で人気。高値で取引されています。
大体10年くらいで全長40cmを超えはじめ、とメス→オスへと性転換します。

分類 スズキ目 ハタ科
★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・煮付け・焼き物・鍋物

キス

キス

白く美しい流線型の姿から、別名“海の女王”とも呼ばれます。
脂質がほとんどなく旨味成分たっぷり。
時季による味の変化はありませんが、鮮度が落ちやすいので注意が必要です。
砂浜からの投げ釣りの対象魚として人気ですが、堤防釣りだと遠投する必要もなく気軽に狙えます。

分類 スズキ目 キス科
★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・アライ・塩焼き・天ぷら

キビレ(キチヌ)

キビレ(キチヌ)

チヌ(クロダイ)に良く似ており、背びれや尾びれの部分が黄色いのが特徴です。
チヌよりも磯臭さが少なく、しっかり血抜きをすると、さらに味が良くなります。
上品な白身で刺身・塩焼き・椀物に最適。
淡水に強く、川を登ることもあるそうですが、その習性については不明な点が多いそうです。

分類 スズキ目 タイ科
★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・塩焼き・煮付け

グレ(メジナ)

グレ(メジナ)

強烈な引きが釣り人に大好評、磯釣り界のスター的存在です。
冬場のグレは脂がのり臭みもなく、[寒グレ]と呼ばれるくらい特別視されています。
11月~3月の産卵期に揚がったグレは塩焼きがオススメ。
大物が上がって来る3~6月頃は、刺身や湯引きが美味しい。

分類 スズキ目 メジナ科
★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・煮付け

コウイカ(ハリイカ)

コウイカ(ハリイカ)

甘みがあり、モッチリとしていて、刺身や寿司ネタとしてとても人気が高いイカです。
冬~春が旬で、親イカと呼ばれる大型のものが出回ります。
関東では夏から秋にかけて出回る小型の新イカが盛期だそうです。寿司1貫にイカ1匹のぴったりサイズが良いそうです。

分類 コウイカ目 コウイカ科
★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・寿司・フライ・天ぷら・炒め物・唐揚げ

コノシロ

コノシロ

シンコ→コハダ→ナカズミ→コノシロと名前が変わる出世魚。
コハダをはじめ、江戸前の寿司ダネの光モノとして知られています。
大阪のバッテラは、当時安価で豊漁だったコノシロを使って作られたのが最初と言われています。
小骨が多く調理が難しいので、酢漬けでよく食べられています。

分類 ニシン目 コノシロ科
★ ★
食べ方 酢漬け・