サーフィン&ボディボード

サーフィン&ボディボード

サーフィン

地元人はもちろん、関西など県外からもたくさんの人が波乗りに訪れる徳島県。 その玄関口として、また、“銀砂”と呼ばれる美しい砂浜を持つ鳴門の海でも、サーフィンやボディボードなど、波乗りを楽しむ人がたくさんいる。
初心者に最適な穏やかな小波、台風シーズンに発生する大波など、常に天候や波の状態に目を光らせながら飛び込んで行く波乗りたち。波に乗るために徳島に移り住む人もたくさんいる位、たくさんの人を魅了している。
サーファーたちが海の上をゆっくりと漂ったり、波の力をエンジンに浜辺へと急行する姿はとっても楽しそうで、格好良い!

でも興味はあるけど、どうすれば? ボードやウエットスーツって高いんじゃないの?

…実は、結構お手軽に始めることができるんです!
道具一式レンタル+サーフィンやボディボードの楽しみ方を教えてくれるサーフスクールは、気軽に始められる手頃な価格設定。海の危険なポイントやローカルルールなどもしっかり教えてくれるので、特に初心者は必ず利用したい。
今回は鳴門の老舗サーフショップ『RusTic(ラスティック)』のオーナー・近藤さんが開催しているサーフ&ボディボードのスクールをレポートしました。

サーフ&ボディボード スクール

【 教えていただいたのはこの方!】
『SURFING PRO SHOP RusTic(ラスティック)』オーナー 徳島県サーフィン連盟常任理事 近藤さん

サーフィンスクール

1985年に鳴門で初めてのサーフショップ『RusTic(ラスティック)』をオープン。
豊富な品揃えと知識で、気軽に楽しみたい人からトッププロまで、幅広い要望に応える。
店舗と交流の深い地元サーファーの中からは、過去に二人も日本チャンピオンを輩出。
初心者にも門戸は広く、全くのビギナーでも気さくに対応してくれる。鳴門の海の生き字引。

STEP1 ウエットスーツとサーフボードをレンタル

スクールでの一式レンタルは1,000円。学生は無料! 水着、タオル、ビーチサンダルなど。海水浴に持っていくものを用意しておけばOK。
1人~でもスクールは開催。近藤さん1人で3人くらいまで、人数が多くなると他のスタッフさんが見てくれる。
※ウエットスーツは事前にお店に足を運んでサイズ合わせをしておくのがベスト。真夏だと長袖のTシャツ(日焼け防止)で代用OK!

サーフィン ボード

サーフィンのスクールにはケガ防止のため、初心者用の柔らかいボードを使用