日焼け対策

日焼け対策

日焼け対策

ギンギラ太陽が照りつける夏の海は、楽しいことがイッパイ! ですが、気をつけなければならないポイントもいくつかありますよね。
水難事故に熱中症…そして紫外線による肌のダメージ・日焼け!
年中降り注いでいる太陽光ですが、肌を露出する夏場は特に紫外線の量も多くて日焼け対策を誤ると大変なことに!
真っ白を守りたい人も、きれいに日焼けしたい人も、日焼けに対する正しい知識をもって、しっかり予防しましょう♪

【 教えていただいたのはこの方!】
鳴門の人気化粧品店『ひかりやワイワイプラザ』本店スタッフ 立本 陽子さん

ひかりやワイワイプラザ スタッフの方

「キレイになりたい」という女性の想いに応える鳴門のビューティースポット・ひかりや本店スタッフの立本陽子さん。
絵を描くのを得意としているため、眉のスタイリングなど目からウロコの美しさに仕上げてくれる(経験談)。
女性の“美”にまつわる豊富な知識と、磨き抜かれたセンスでメイクアップアーティストとしても活躍。
美容師免許も取得しており、メイクを含めたスタイリングの相談にも応じてくれる。
紫外線は、百害あって一利なし。しっかり対策しましょう!

日焼け対策 – 日焼け止めの塗り方【日常、屋外活動(アウトドア)、水着 共通】

- 日焼け対策の前に、知っておこう! -

日焼けのメカニズム

日焼け止めは、適量をムラなくきちんと塗ることで十分な効果を発揮します。
「日焼け止めには使用期限があります。開封して1年以上経ったものは効果が薄れ、液が劣化するなど肌にも良くありません。一般的なサイズのものなら、肌が露出する部分だけでも毎日適量を使えば、1・2カ月で使いきれますよ」

必殺! たっぷりとマヨネーズのせ

日焼け止めの塗り方

薄いと日焼け止めの効果が十分に得られません。 特に屋外での活動が多いときは、た~っぷりと使いましょう。

くるくる塗りでムラなく

日焼け止めの塗り方

手の甲や手の平を使って、横にスッスと日焼け止めを伸ばすとムラになります。
きちんと塗れていないところだけ焼けてしまう[まだら焼け]予防のためにも、手の平でしっかりと、くるくると円を描くように伸ばしましょう。

うっかり焼け 注意箇所

日焼け止めの塗り方

※赤色…うっかり焼けをしやすい
※黄色…よく焼ける