台風への備え

台風への備え

室内

  • 停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオの準備を。
  • 避難に備えて貴重品や非常袋の準備を。
    →非常時持出品
  • テレビやラジオなどで気象情報をしっかりとつかむ。
  • 浸水のおそれがあるところでは、家財道具や食料品・衣類・寝具などの生活用品を高いところへ移動。
  • お年寄りや乳幼児、病人などを安全な場所へ。

屋根

  • 瓦のひび・割れ・ずれ・はがれなどはないか。

窓ガラス

  • ひび割れ、窓枠のがたつきはないか。
  • 強風による飛来物などに備えて、外側からどの処置を。

庭・ベランダ

  • 鉢植えや物干し竿など、飛散の危険が高いものは室内へ。
  • 庭木などが倒れてくる場合があるので添え木や支柱で補強を。

外壁・塀・その他

  • モルタルの壁に亀裂はないか。
  • ブロック塀や板壁に破損箇所はないか。
  • 雨どい・雨水ますや側溝などにゴミが溜まっていないか。
  • プロパンガスはしっかり固定されているか。

災害情報の知識

注意報とは 災害が起るおそれがある場合にその旨を注意して行う予報。
警報とは 重大な災害の起こるおそれのある旨を警告して行う予報。
特別警報とは 予想される現象が特に異常であるため重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合に、その旨を示して行う警報。
1時間あたりの雨量 10~20mm未満 やや強い雨(ザーザーと降る。地面からの跳ね返りで足元がぬれる。雨の音で話し声が良く聞き取れない。地面一面に水たまりができる。)
20~30mm未満 強い雨(どしゃ降り。傘をさしていてもぬれる。寝ている人の半数くらいが雨に気がつく。ワイパーを速くしても見づらい。)
30~50mm未満 激しい雨(バケツをひっくり返したような雨。道路が川のようになる。高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなる(ハイドロプレーニング現象)。)
50~80mm未満 非常に激しい雨(滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)。傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる。車の運転は危険。)
80mm以上 猛烈な雨(息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる。)

災害時情報発信Twitter

PAGE TOP