非常時持出品

非常時持出品

飲料水、食料品

成人に必要な1日の飲料水は、約2000ml~2500mlと言われていますが、そのうち摂取するのは800~1300mlと言われています。3日間生き延びられるくらいの食糧を持っておくのが理想的です。
非常食は保存性が高く、火を通さないで食べられる(乾パン・クラッカー・缶詰・レトルト食品など)ものが良い。また高カロリーなチョコや飴、インスタントラーメンなども良い。赤ちゃんのいる家庭ではミルクや哺乳瓶も必要です。

貴重品

現金(公衆電話用に10円硬貨などを多めに持っておく)・身分証明書・預貯金通帳・印鑑・権利書・各種カード・保険証(コピーでも可)など。
親しい人の電話番号やアドレスの控えも必要です。

救急セット

常備薬・シップ薬・三角巾・包帯・ガーゼ・脱脂綿・絆創膏・ハサミ・ピンセット・安全ピン・消毒液・整腸剤・持病のある方はその病気のためのお薬(薬品名のメモなども)。

懐中電灯、ラジオ、時計(電池)

最近は自家発電可能のラジオとライトがセットになった物や、水を入れるだけで電気が発生する電池なども販売している。
携帯電話の充電のできる機器を持っておくと便利です。

火器類

ビニール袋は大きさの違うものを数枚ずつ持っておくと良い。また、ゴミ袋は持っていると、カッパ代わりや着替えをする時のカーテン代わりとしても役立ちます。
マッチ・ライターは間違って他の物に引火しないように持出には注意してください。

ロープ、軍手etc…

災害後は危険物が散乱しており、何が頭に落ちてくるか分かりません。最近では折りたたみ式のヘルメットも販売しています。軍手は熱にも強い綿100パーセントのもので、滑り止めがあるものにしましょう。
靴はガラスを踏んでも足を傷つけない底ができるだけ厚いものを選んでください。