【新生活シーズン】新生活に向けて必要な手続きについて!

エムアイシー配信
エムアイシー配信

3月に入り、本年度も残すところあと僅かとなりました。ご覧いただいている、みなさま自身やご家族で4月より「入学」「就職」「引っ越し」など様々な環境の変化があると思われます。その中で新生活に必要な手続き等についてお話させていただきます。

引っ越しの際の準備

・転出届、転居届各自治体の窓口に住所の変更手続き
・郵便の転送届旧自宅に届く郵便物の転送の届 ※日本郵便のHPで申込可能
・各会社への住所変更届携帯電話、金融機関、保険会社
・電気、ガス、水道各会社のHPより変更が可能な場合もあり

引っ越し後の手続き

・転入届、転居届引っ越し後(14日以内) 各自治体の窓口に住所の変更手続き
・運転免許の住所変更管轄の警察署、運転免許センターで手続き
・車庫証明申請保管場所(車庫)の所在地を管轄する警察署
・自動車、バイクの登録変更管轄の陸運局(車検証等) 
・ナンバープレート県外への引っ越しなど管轄が変わった場合など

各種保険の「変更届」もお忘れなく!

【各種保険共通】
「契約時の住所」と「現住所が違う場合」
・保険会社からの書類が届かない満期案内、控除証明書など
・保険金の支払い時支払いが遅れる可能性がある

【自動車保険】
・使用する人数が変わる場合「本人限定」「夫婦限定」「限定なし」など
・使用目的が変わる場合「日常用」「通勤・通学用」「業務用」など
※上記変更をしていない場合「保険料の過不足」「保険金請求時に保険対象外になる」など

まとめ

「新生活」に際して何かと必要な手続きが多く面倒だと思うこともあるかと思います。
しかし「行政手続き」はもちろんのこと、保険においては必要な変更手続きを行っていない場合「支払い対象外となる」や「料金を余分に払っていた」「必要な料金を払えていなかった」などが起こることがあります。

そのため「ご自身の担当代理店へ相談」や「ご加入中の保険内容の確認」をすることも「新生活に向けた準備」となるのではないでしょうか。


当社は、生命保険、損害保険(自動車、火災)の相談も可能です。
下記よりお気軽にお問合せください。