【Gallery Cafe Rosemary’s】で「藍染古布・古伊万里展」が開催!

終了イベント
終了イベント

鳴門 高島の【Gallery Cafe Rosemary’s】さんよりギャラリーイベント開催のご案内です!

「藍染古布・古伊万里」展

江戸時代から明治時代の藍染古布を約40点、古伊万里を約十数点、展示いたします日本の伝統の作品をご覧下さい。

藍染古布(あいぞめこふ)について

古布(こふ)とは、着物や布に使用されていた、骨董価値のある古い布のことです。また「ふるぬの」「古裂(こぎれ)」と呼ばれることもあります。

古伊万里(こいまり)について

「伊万里焼」とは、現在の「佐賀県」および「長崎県」にあたる肥前国で作られていた磁器のことです

「有田焼」や「三川内焼」や「波佐見焼」なども「伊万里焼」にふくまれており、これらをまとめて「伊万里」と呼ぶようです。

中でも、特に江戸時代に作られたものが「古伊万里(こいまり)」と呼ばれています。