鳴門総合情報サイト【鳴との門】 > 鳴門のお店・企業・団体 > 株式会社 本家松浦酒造
創業二百余年の歴史を持つ、鳴門市大麻町の老舗酒蔵 ショッピング
鳴門鯛 醸造元

株式会社 本家松浦酒造

カブシキカイシャ ホンケマツウラシュゾウ
TEL.0120-221-158 
URL 更新日:2019年10月10日


最終更新日:2019年10月10日
注意
メニュー・価格等の掲載内容は特別な記載がない限り、取材日(最終更新日)時点の情報です。内容が改訂される場合がございますので、詳しくは各企業までお問い合わせください。
また、掲載内容に誤りなどございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。


株式会社 本家松浦酒造の紹介

[鳴門鯛 大吟醸]720ml
文化元年(1804年)に創業、二百有余年の醸造蔵元です。撫養街道に面して立つ長屋門・東酒蔵・仲酒蔵・西酒蔵・精米蔵は文化庁有形文化財に登録されています。厳選した国産米を原料に、丹念に伝統の味をつむいでいます。
当蔵を代表する銘酒「鳴門鯛 大吟醸」は、『Kura Master2019』『全米日本酒歓評会2019』『ワイングラスでおいしい日本酒アワード207・2018』において金賞を受賞!フルーティーで上品な香りと、まろやかな芳ばしさは、日本のみならず海外でも高い評価をいただいています。また、海外で人気の「鳴門鯛 吟醸しぼりたて生原酒」や白ワイン感覚で楽しめる「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」など、お客様の好みにあった一本を見つけるのが楽くなるバラエティを揃えています。
他にも、徳島の新鮮な食材を使ったお酒が好評!「しゅムリエ すだち酒」は爽やかな香りと酸味が特徴です。「本家 鳴門金時芋焼酎」は鳴門の砂地で丹念に作った鳴門金時のみを使用。鳴門金時の甘みと蒸した時の香ばしさがほのかに香る一品!「すだち酒ハイボール」は徳島にしかない限定商品!!ぜひ一度ご賞味ください。
画像をクリックすると拡大して表示できます
[鳴門鯛 純米大吟醸]
(720ml/1800ml)
[しゅムリエ すだち酒]720ml
[本家 鳴門金時芋焼酎](720ml/1800ml)
[鳴門鯛 吟醸しぼりたて生原酒(生缶)](720ml)
【本家松浦酒造・蔵見学のご予約方法】
■フリーダイヤル:0120-221-158(受付時間:平日9:00~17:00)
■参加費:無料
■見学日:平日(お時間はご予約をお願いいたします)
■所要時間:約30分
■見学内容:仕込み蔵、貯蔵などをご覧いただいた後、直売所にて試飲、ご購入いただけます。
※定休日:年末年始・お盆(定休日の見学につきましてはご相談ください)
※20歳未満の方や、お車を運転される方の利き酒(試飲)は固くお断りいたします。

【蔵蔵たちきゅう】
酒蔵の酒を、酒蔵で呑みながら、語らいませんか!?
地元の皆さまに酒蔵の歴史を感じながら、気軽に鳴門鯛の日本酒を味わっていただきたいという想いでスタートした「ナルトタイ蔵蔵たちきゅう」。4月から10月までの月1回、長屋門と直売所の間の中庭で行っています。
「たちきゅう」とは、いわゆる立ち飲み。「立ったまま、きゅうっとやる」ことが語源といわれています。
蔵ならではのプレミアム限定酒、季節ごとの旬の酒、日本酒カクテルなど、さらにお酒の種類を充実いたします!皆様に楽しい時間をお過ごしいただけるよう、スタッフ一同張り切っておりますので、お誘い合わせのうえ、どうぞお越しください。
※開催日などの詳細は当蔵facebookでご案内しています。(https://www.facebook.com/narutotai/)
※ご予約が必要です。(フリーダイヤル:0120-221-158(受付時間:平日9:00~17:00)

また、この蔵見学体験「Kura Kura 見学」に共同企画している
【福寿醤油 株式会社】の企業ページはこちら⇒http://www.naruto-mon.jp/corp/fukujyukura/

☆11月の第2土曜日は、『蔵開き』が催されます。
 「ふるまい酒」の他、蔵見学や多彩なイベント有り♪要チェック!!

基本情報

名称 株式会社 本家松浦酒造
(カブシキカイシャ ホンケマツウラシュゾウ)
住所 鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地 [地図]
電話番号 0120-221-158
FAX 088-689-1109
営業時間 9:00~17:00 ※ご注文の場合、予めご連絡ください。
定休日 土曜、日曜、祝日
駐車場 3台

[PR]短期バナー広告


おすすめ店舗

カテゴリ別

地域別

PAGE TOP