「いつも美味しい」をいつまでも
戦後から続く練り物業

株式会社 鳴門蒲鉾(なるとかまぼこ)

TEL. 088-686-3455
(鳴門市撫養町立岩字五枚143)

【特産品、その他】 



最終更新日:2018年06月04日
注意
メニュー・価格等の掲載内容は特別な記載がない限り、取材日(最終更新日)時点の情報です。内容が改訂される場合がございますので、詳しくは各店舗までお問い合わせください。
また、掲載内容に誤りなどございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。




おすすめ&人気のお品

戦後から続く老舗〔鳴門蒲鉾〕の人気商品はやはりこの「竹ちくわ(1本90円)」。ふっくらモチモチで、噛めば噛むほど旨味が出てきます!徳島で長年親しまれたこの味は需要が高く、スーパーなどでも取り扱っているほか、学校給食にも登場する。
そしてなんと言ってもこの竹ちくわの出来たてが堪らない!何本でもペロリと食べられる♪
「アツアツの焼き立てが食べたい!」という方は、ぜひ当店へ足をお運びください。また鳴門公園でも土・日に焼き立てを販売しております。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
原料となるのはタラを主とした様々な魚。
季節などに応じてブレンドするものを変えたり、いつも美味しいものを作るよう努力している。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
また、電話注文も承っております。(※電話注文は前日の17:00までにご連絡ください)
進物用の詰め合わせ(1000円~要相談)もご用意できます。

お店の紹介

戦後から続く老舗で「なるとちくわ」の名称で長年親しまれた味。
戦後から続く〔鳴門蒲鉾〕は創業開始の頃は〔雑賀蒲鉾店〕という名で蒲鉾を作っていました。
昭和32年に設立して〔株式会社 鳴門蒲鉾〕へ変わりました。

ごく少量からの販売もしていますので、どうぞお気軽にご来店ください(^^)
当店での出来たてアツアツは、朝7:00~9:00頃(※タイミングが良い時)に来ていただくと
手に入ります。※出来たてを確実に購入したい方は一度お問い合わせください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【鳴門蒲鉾の商品を扱っているお店】
マイケル・マルナカ(黒崎店)・キョーエイ(駅前店・鳴門店)・M&M・主婦の店(鳴門店)・
セブン(大津店)・鳴門公園お土産屋など
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【祝儀用】
祝儀用かまぼこは、名付のかまぼこに名前(漢字二文字であれば可能)を書くことができます。
(※画数が多い漢字は書けない場合があります、ご了承ください。)
平均予算 ~ 500 円
座席数
営業時間 7:00~17:00
定休日 日曜日
アクセス 鳴門IC→約10分
鳴門駅→約5分
ポイント
  • テイクアウト

株式会社 鳴門蒲鉾の写真

画像をクリックすると拡大して表示できます
ちくわ1本1本の形を整えていく
ちくわ1本1本の形を整えていく
くるくると回りながら均等に焼きあげられる
くるくると回りながら均等に焼きあげられる
この長い距離の間でじっくり焼き上がる
この長い距離の間でじっくり焼き上がる
素を作るのに必要不可欠な原料を練り混ぜる機械
素を作るのに必要不可欠な原料を練り混ぜる機械

店長さんより一言

これからも長年親しまれてきた味を守っていき、そして今の若い世代の方の心を掴むような商品の開発・研究をしていくことが、鳴門蒲鉾3代目である私の目標と課題です。

これからもどうぞ鳴門蒲鉾をよろしくお願いいたします。

店舗情報

店名 株式会社 鳴門蒲鉾
住所 鳴門市撫養町立岩字五枚143 [地図]
電話番号 088-686-3455
FAX 088-685-1332
営業時間 7:00~17:00
定休日 日曜日
駐車場 3~4台
座席数
メールアドレス


[PR]スポンサー広告

おすすめ店舗

カテゴリ別

地域別

グルメトピックス

PAGE TOP