大豆畑の前にある豆腐店。お総菜やとうふドーナツも販売
手づくり

仲須とうふ店

TEL. 088-685-7889
(鳴門市撫養町木津野加満の越23-1)

【お惣菜】 



最終更新日:2014年03月31日
注意
メニュー・価格等の掲載内容は特別な記載がない限り、取材日(最終更新日)時点の情報です。内容が改訂される場合がございますので、詳しくは各店舗までお問い合わせください。
また、掲載内容に誤りなどございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。




おすすめ&人気のお品

(手前から)おぼろとうふ(100円)、木綿とうふ(100円)、国産大豆使用の木綿とうふ(150円)、絹ごしとうふ(90円)
おぼろ豆腐(100円)
国産大豆を使用した木綿豆腐を製造する過程でできる、ふわふわとしたかたまり状のもの。柔らかでつるりとした食感で、豊かな大豆の風味が楽しめます。食が細い時にもオススメ!

木綿とうふ(100円)
国産大豆を使用したものより少し柔らかめでお買い得。みそ汁などのデイリーユースにどうぞ。

国産大豆使用の木綿とうふ(150円)
店舗裏の畑で、ほぼ無農薬で作られた大豆と国産大豆をブレンドした、こちらのお店ならではの豆腐。しっかりとした大豆の風味と弾力を持っている。煮崩れしにくいので麻婆豆腐やおでんの具などにピッタリ。

絹ごしとうふ(90円)
木綿豆腐のように圧縮したりせず、濃厚な豆乳をそのまま固めた滑らかな豆腐。つるりとした食感で、湯豆腐や冷奴などで良く使われます。

お店の紹介

少量生産の手づくり豆腐は、お店の裏にある大豆畑から採れた、国産大豆を使用したこだわり豆腐。日没前後に閉店するのでお早めにどうぞ♪
お店には豆腐を使ったお菓子やたこ焼きなどのその他お総菜も色々あります!
いもやレンコン、季節の野菜を使った[天ぷら](各70円)に表面がカリッとしていて、中はモチモチの[たこやき](300円、14:00~販売)、涼しくなると[油揚げ(薄揚げ)](大/50円)や[がんもどき](70円)などもメニューに登場します。

そんな数あるお総菜の中で、一際目を引くのが[とうふドーナツ](70円)! 豆腐を練り上げ砂糖をプラスした生地を作り、油で揚げたドーナツは、少々滑らかでふわっとした食感がクセになるお味。小麦粉や卵を一切使用していないそう。原材料が豆腐のためか、冷やしても固くならずに美味しくいただけます。
ソフトクリーム(各250円)もコーンとカップそれぞれ、豆乳、チョコ、バニラ、マンゴーなど各種取り揃えられています。おかず&おやつスポットとしてご利用下さい。
平均予算 ~ 500 円
座席数
営業時間 9:30頃~日没前後
定休日 水・日曜日
アクセス JR鳴門駅から3.0km、車で約8分
鳴門ICから2.3km、車で約5分
ポイント
  • テイクアウト

仲須とうふ店の写真

画像をクリックすると拡大して表示できます
種をまいてから約1カ月経った大豆畑。店舗裏にあります
種をまいてから約1カ月経った大豆畑。店舗裏にあります
[とうふドーナツ](70円)のプレーン。鳴門金時をトッピング
[とうふドーナツ](70円)のプレーン。鳴門金時をトッピング
一見小麦粉のドーナツと変わらない
一見小麦粉のドーナツと変わらない
[とうふドーナツ]のチーズとウインナー
[とうふドーナツ]のチーズとウインナー

店長さんより一言

ウチの畑には九州の品種・福豊を植えています。大豆は根粒菌を持っており、特別な肥料や農薬をほとんど必要としないので、ほぼ無農薬で育てています。
日が当らないと豆がふくらまないので、定期的に葉を刈り取り、11月末頃から約1ヵ月天日干しにして乾燥し、ふるいにかけて保存しています。この時収穫し、乾燥した大豆を一年かけて使っています。

店舗情報

店名 仲須とうふ店
住所 鳴門市撫養町木津野加満の越23-1 [地図]
電話番号 088-685-7889
FAX
営業時間 9:30頃~日没前後
定休日 水・日曜日
駐車場 10台
座席数
メールアドレス


おすすめ店舗

カテゴリ別

地域別

グルメトピックス

PAGE TOP