日本の四季をお料理で
日本料理

永代(えいだい)

TEL. 088-685-6854
(鳴門市撫養町斎田字東発42-3)

【和食、海鮮料理、寿司】 



最終更新日:2018年07月13日
注意
メニュー・価格等の掲載内容は特別な記載がない限り、取材日(最終更新日)時点の情報です。内容が改訂される場合がございますので、詳しくは各店舗までお問い合わせください。
また、掲載内容に誤りなどございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。




おすすめ&人気のお品

側面がキラキラしていて、よく脂がのっているのが分かる
名物[鯖棒寿司]は、お店で注文すると一抱えもある大きなお皿に盛られ目の前に運ばれてくる。
まずは一目見た瞬間、思わず声を出したくなるほど「でっかい!」。お皿の大きさもさることながら、1本を12切れにカットされた寿司一つ一つが、例えば通常イメージされるバッテラの2倍ほどもある。
寿司の断面を見て、さらに一言「鯖が、でっかい!」。シャリをくるりと包み込む鯖の身は側面がキラキラッと輝いており、桃色の美しいグラデーションにうっとりと見とれてしまう。
鯖棒寿司の本場・京都で寿司職人としての腕を磨いた一代目が、創業当初からこだわり続ける鯖棒寿司。鯖は一番脂がのった秋冬の頃1kg以上のサイズのもののみを厳選して仕入れ、その年の分を一気に仕込む。塩をして酢で絞め、3~4日かけて余分な水分や生臭さを取り除いた鯖は、旨みを逃さぬよう瞬間冷凍される。そのため鯖の身が痩せる夏場でも脂のたっぷりのった鯖を提供できるのだそう。
他に一品料理を頼みながら、3~4人で楽しまれる方が多いとか。
お持ち帰り(要予約)も有り。

お店の紹介

旬の食材を使った彩り豊かな懐石料理や、名物・鯖棒寿司、地魚を使った地元漁師も惚れ込む絶品寿司が揃う。
寿司職人として修行を重ねた一代目が、地元・鳴門に『永代』を創業したのが1977年。鯖棒寿司が豪快で美味と評判を呼び、地元の旬の味を積極的に取り入れた寿司が県内外のお客たちをトリコにしてきた。
創業からちょうど25年目、和食の料理人である二代目が厨房に立つようになる頃、現在の場所に移転する。会席などの料理も提供できるよう厨房を広げ、町屋をイメージしたという建物の中には表情豊かな席を用意。1100円~いただけるランチや夕食、少人数の宴会や法要など、より様々なシーンや目手に合わせて利用できるようになっている。
平均予算 5000~7000 円
座席数 カウンター5席、テーブル10席、座敷 1F/2~4人、4~7人(2部屋)・2F/20人(宴会可)
営業時間 12:00~14:00 lo13:30 17:30~22:00 lo20:00
定休日 月曜日(祝日の場合営業、12/30~1/1は休)
アクセス JR鳴門駅から1.2km、車で約2分
鳴門ICから3.3knm、車で約6分
ポイント
  • 個室
  • 座敷
  • 宴会
  • 貸切
  • テイクアウト

永代の写真

画像をクリックすると拡大して表示できます
8000円のコースから〜勝浦川の鮎の炭火焼き〜
8000円のコースから〜勝浦川の鮎の炭火焼き〜
カウンター席。寿司をメインでいただく人は、こちらへどうぞ
カウンター席。寿司をメインでいただく人は、こちらへどうぞ
ゆったりとしたテーブル席
ゆったりとしたテーブル席
畳の香りがする2階個室。宴会などに(20名まで)利用可能
畳の香りがする2階個室。宴会などに(20名まで)利用可能

店長さんより一言

鳴門は大鳴門橋を挟んで様々な魚が獲れる、豊かな漁場です。鯛やスズキをはじめ岩場のアワビに砂場のヒラメ、鱧や穴子もとても質が良い。これら地元の豊かな食材、特に旬の味を味わっていただこうと、様々な料理に盛り込んでおります。
鯖棒寿司は、半日~1日経つとよりシャリと身がなじんで美味しくなります。お持ち帰りもご用意できますので、どうぞお申し付け下さいませ。

店舗情報

店名 永代
住所 鳴門市撫養町斎田字東発42-3 [地図]
電話番号 088-685-6854
FAX
営業時間 12:00~14:00 lo13:30 17:30~22:00 lo20:00
定休日 月曜日(祝日の場合営業、12/30~1/1は休)
駐車場 15台
座席数 カウンター5席、テーブル10席、座敷 1F/2~4人、4~7人(2部屋)・2F/20人(宴会可)
メールアドレス


[PR]スポンサー広告

おすすめ店舗

  • にし野|一覧 にし野
    鳴門の渦潮で育った海の幸が堪能できる!!
  • 直送海鮮 なるみ丸| 直送海鮮 なるみ丸
    鳴門のブランド鯛「大鳴海鯛」を様々な料理で味わえます!
  • はんなり| はんなり
    旨い肴と旨い酒をお探しの方はこちら
  • フジヤ食品| フジヤ食品
    さばとシャリのコラボレーション! 一口ごとが“口福”です
  • 半ら| 半ら
    海鮮料理など地物の食材が自慢!

カテゴリ別

地域別

グルメトピックス

PAGE TOP