鳴門総合情報サイト【鳴との門】 > 鳴門のお店・企業・団体 > うずしお治療院
按摩・マッサージで心身のためのボディセラピストでありたい 医療・介護・福祉
手技療法で心身のバランスをリメイク

うずしお治療院

ウズシオチリョウイン
TEL.088-685-6171 
URL 更新日:2019年10月21日


最終更新日:2019年10月21日
注意
メニュー・価格等の掲載内容は特別な記載がない限り、取材日(最終更新日)時点の情報です。内容が改訂される場合がございますので、詳しくは各企業までお問い合わせください。
また、掲載内容に誤りなどございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。


うずしお治療院の紹介

おはようございます(^-^)私 桑内がボディセラピストです。受付は電話予約でお願いします。
全身 4000円 半身 3500円 また、時間に合わせたい時などはご相談ください。
より良いアルゴリズムで生活してますか?
次世代のCPUははAIの動作を最適化することを目指したのだとか。車の自動運転やロボットの開発など瞬間の速さを求められることは増えていますね。今までは人が関わるので限界がありましたが コンピュータ間のデータ交換で人が介在しないのなら各段にスピードアップが可能になります。
やがて脳からの伝道路系や反射弓も超越してしまうのでしょうね。頭蓋骨ほどの中に脳程度の集積率を格納することができれば そこに(こころ)が生ずるという研究者もいるそうです。
以前のプログラミングでは想定されるエラーを可能な限り省く作業が必要でしたが AIではTRUEとFALSEを蓄積するのだとか。コンピュータも褒めて育てる時代になっているのですね。
無駄と効率が課題だった時代を能率アップしてきたコンピュータは最適化という解答をいかに導くのでしょうか。
曖昧な感情がいかに最適化されますか。
画像をクリックすると拡大して表示できます
【外観】
ソフトバンク鳴門様すぐ隣
脚の長さはそろってますか?
とは言っても3糎差ぐらいまでは正常範囲という先生もあるようですが。セラピストによって下肢の長さをどう判断するのかはそれぞれに訊いていただかなくてはなりません。少なくとも下肢の骨が急に伸び縮みはしないから施術の時間内に変化するのは難しいようです。
実際の長さも違いがあるし足関節の可動域や筋肉の柔軟性などによっても動きには左右差が出ます。
そこで大切にして欲しいのは左右差を許容できる程度の連続的な運動です。勧めるのはやはり散歩です。できれば左右のリズムを合わせるように意識してみてください。速度や歩幅・回転数を変えると身体の使い方が変化します。遅いから悪い訳ではありませんがバランスは難しくなりがちです。足首の捻挫をかばっているうちに反対側に無理がかかり 治癒しているのに歩行に変な癖が残っているのはよくある話です。必須条件としては靴を履いてぐださい。サンダルなどでは(つっかけ)と呼ばれるとおり前方につっかけて歩きますから後方へのキックが不十分になりがちです。
仰向けになると 筋力の低下している人は爪先が下がり 体力が落ちている場合は爪先が外側に倒れる角度が大きくなるようです。爪先で下肢の長さを比較している場合は(機能的な下肢長)を調べているということになりますか。膝関節や股関節・腰仙関節の状態や腹部の手術後の回復状況などでも機能的下肢長が変化しますから詳しくはセラピストに何をみてもらっているのかを尋ねてくださいね。
遠目にも歩き方や走る姿で誰なのかわかるようですから身体の動かし方が必ずしも理想てきな方向に治癒する訳ではなさそうです。アニメキャラのように自在に伸び縮みできれば元に戻すのも容易なんですが。

基本情報

名称 うずしお治療院
(ウズシオチリョウイン)
住所 鳴門市撫養町斎田字東発14-5 [地図]
電話番号 088-685-6171
FAX
メールアドレス idea.is.uzushio@gmail.com
営業時間 9:00~21:00
定休日 日曜
駐車場 2台

おすすめ店舗

カテゴリ別

地域別

PAGE TOP