鳴門総合情報サイト【鳴との門】 > 鳴門のお店・企業・団体 > ガレの森美術館
自然に包まれた山頂の美術館で、ガラスを楽しむ 旅行・宿泊・観光

ガレの森美術館

ガレのもりびじゅつかん
TEL.088-684-4445 
URL 更新日:2018年06月13日


最終更新日:2018年06月13日
注意
メニュー・価格等の掲載内容は特別な記載がない限り、取材日(最終更新日)時点の情報です。内容が改訂される場合がございますので、詳しくは各企業までお問い合わせください。
また、掲載内容に誤りなどございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。


ガレの森美術館の紹介

“ガラスの魔術師”と呼ばれたエミール・ガレの作品などを展示されています。当時工芸家としてはもちろん、企業家としても名高かったエミール・ガレの生涯や経歴が、資料や映像で解説されています。

鳴門市中心部から10分程度の距離にも関わらず、自然に包まれた妙見山。
空間を贅沢に使った美しい建物内部に足を踏み入れるだけで、日頃の喧騒を忘れさせてくれます。
2階の休憩所から見る鳴門の風景に思わず見とれること間違いなし。

ミュージアムショップでは数々の作品を購入することもできるので要チェック。
画像をクリックすると拡大して表示できます
館内入ってすぐにはチタンアートが
りんご大枝文ランプ
葡萄と蜘蛛の巣文花器
羊歯文花器
●入館料●
大人800円(団体600円)、学生500円(団体300円)
※団体は20名様から


●エミール・ガレ●
アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家兼企業家。1877年に父のガラス工場を継承し、以降事業を拡大。優れたデザインのガラス器や陶器、家具の製造・販売を行った。1878年のパリ万博では陶芸とガラス部門で銀賞を受賞、翌年ガラス部門でグランプリを受賞。ガラスの透明感を活かした優美なデザインと鮮やかな色遣いはヨーロッパ中の注目を集めることとなる。
また、王侯貴族が愛用する高級品から庶民にも手が届く廉価品など製造ラインの改善にも成果を収めており、芸術の発展に貢献した。

チタンアーティスト 与吉●
​究極のブルー、永遠に輝く刹那の蒼を探求し続ける北島町在住のチタンアーティスト。金属の焼けた色の魅力に取りつかれ、試行錯誤、紆余曲折を繰り返し、独自で“蒼”を操る技術を身につける。加工が困難なチタンに焼きつけられた神秘的な蒼のグラデーションは、与吉にしか出せない色合い。
FIAカート世界選手権などのトロフィーや展示物の様な大物制作、アクセサリーなどの小物制作など活動は多岐に渡る。2009年にはアニメ『エヴァンゲリオン』に登場する[ロンギヌスの槍]を3m超で再現。多方面から注目を集めている。
http://blogs.yahoo.co.jp/yokitititan (ブログ)

基本情報

名称 ガレの森美術館
(ガレのもりびじゅつかん)
住所 鳴門市撫養町林崎字北殿町149(妙見山公園内) [地図]
電話番号 088-684-4445
FAX 088-684-4446
メールアドレス
営業時間 10:00~15:30
定休日 不定休
駐車場

[PR]スポンサー広告

おすすめ店舗

カテゴリ別

地域別

PR
ワンデーサポーター(1日の自動車保険)

PAGE TOP