移住者に聞く鳴門の魅力 伊祁 由子さん編

町ぐるみでおおらかに子どもを見守ってくれている感じがします
伊祁 由子(Iki Yoshiko)
  • 出身地:東京都日野市
  • 移住年:2011年
  • 職 業:主婦
伊祁 由子 出身地:東京都日野市

鳴門に来たきっかけは?

好きな鳴門の風景雲海の鳴門海峡

結婚を機に東京から引っ越してきました。主人の実家が徳島の藍住ですが、私がペーパードライバーで“車の運転をしなくても歩いて過ごせる場所”を義父母が探して「鳴門」に決めました。住んでいる撫養町大桑島はお店も近くにあり便利なところです。
越して来てから1年で子どもを授かり、それからベビーカーを押しての歩き移動が中心でしたが、平地なので歩けばどこまでも行けるので楽です(笑)!以前、住んでいた東京都内は坂道が多くベビーカーでの移動は厳しい場所だったので義父母に感謝してます。
遠くに行くときは汽車やバスを利用しました。歩きと公共交通機関で3年間過ごしましたよ♪ここ1年くらいは車にも乗るようになって行動範囲も広がりましたが少し不精になりましたね(笑)

鳴門の魅力・好きなところは?

何気ない景色がいいですね。建物にさえぎられることなく、海や山の自然が見えます。
特に好きなのは汽車の窓から見る風景。汽車はディーゼル車で日本では徳島県だけと聞いています。電線がないので景観を損ねる事なく田畑や山の四季折々の風景が楽しめます。
食べ物が豊かで美味しいところも魅力の一つ。鳴門金時は離乳食で大活躍、生ワカメ・れんこんなど海産物・農産物や、日本酒・醤油の蔵元など美味しい特産物がたくさんあり、越してきてから(歩いてましたが)肥えました(笑)
後は子連れだとグイグイ声かけてくる地元のおじいちゃん・おばあちゃん(笑)や飲食店は子ども連れOKのところが多いこと。
知り合いが誰もいない環境で赤ちゃんと一緒に過ごすと買い物以外家にいることが多く、誰かと喋る事がほとんどなくなります。おじいちゃんおばあちゃんとの立ち話が気晴らしになりました。また店員さん自身が先輩ママさんであることが多く先輩ならではの話、地元情報等を教えてもらうことが出来たので助かりました。町ぐるみでおおらかに子どもを見守ってくれている感じがします。

汽車の風景

移住を考えている方、地元の方へ

北灘町の国道11号沿い

病院や医療施設、生活に必要な店が比較的まとまって鳴門市内にあり不便な所が少なく自然災害も県内では比較的少ないまちだと思います。 海や山が近く、公園もあちこちあり子どもを遊ばせやすいので小さいお子様のいる方にもおすすめです。
東京では新鮮な野菜を手に入れることが難しかったですがここでは身近です。旬の美味しい食材、四季折々の自然を感じる事、様々な人との触れ合いから子どもの土台となる感性も育まれると有り難く思います。
移住者と地元の人が一緒に「鳴門」の良さが失われないように守りつつ、もっと良くしていけたら・・・と思っています(^^)

現在は何をされていますか?

今は子育てに専念しています。今は子どもが興味のあることをどんどんやらしています。集団生活は幼稚園に入ってからでもいいかなーと思い、保育園は入ってません。未就学児を一緒に保育園で遊ばせるわんぱく教室や子育て支援の施設がいくつもあるのでそちらを利用してます。
これからのことは未定。住むところも子どもの成長に合わせてどこにするか主人と相談中ですが、私は気に入った環境とママ友さんや知り合いのいる「鳴門」に住みたいと考えています。

子育てママのエクササイズ

  1. 2020年2月8日(土)~11日(火) この冬最後の爆安売りつくし!!『お客様大感謝祭』開催!! 徳島県鳴門市のアウトレット家具店【ビッグウッド鳴門店】
  2. 2019年9月1日(日)~30日(月) 増税前にGET!『増税前LAST SALE』開催!期間限定販売商品・特別イベントも♪【ヨシイ時計店】
  3. 2019年9月6日(金)・7日(土) 世界トップレベルの卓球が鳴門に!!『ノジマTリーグ2019-2020レギュラーシーズン』鳴門・大塚スポーツパークにて開催!

ピックアップ記事

  1. ワイワイYEG Vol.268(2021年8月1日号)「ウチノ海でレジャー 筏釣り体験♪」
  2. 徳島県鳴門市の市民と市政をつなぐ情報誌 【広報なると ~2021年8月号~】
  3. 【2021.8.2更新】鳴門市 新型コロナウイルスワクチンの接種情報のお知らせ
  4. 【株式会社 匠工房】自然が生んだ空気清浄機『もみの木の家』ご紹介(^^♪
  5. 【れんまるカフェ】さっぱり夏の冷メニューご紹介(*‘∀‘) &お盆はガラポン抽選会!!
PAGE TOP