ええとこ(スポット)

鳴門のホタル

bn_hotaru

title_tigai
hotaru_toha
t_ten
hotaru_moyou
t_ten

      hikari_genji    hikari_heike
    ゲンジボタルの発光イメージ  ヘイケボタルの発光イメージ

 

title_otani

img_otani 大谷川のゲンジボタルは、鳴門市の天然記念物に指定されており、
毎年「大谷川ホタル祭り」が開催されています。
ホタル祭り会場の御嶽神社に辿り着くまでにいくつか観賞ポイントがありますので、
ゆっくり歩きながらお楽しみください。【場所】鳴門市大麻町大谷
【問い合わせ】大麻町商工会:088-689-0204

t_ten


より大きな地図で 大谷川のホタルスポット を表示

 

title_kushiki

img_kushiki ヘイケボタルが多く生息している川です。(NPO法人ハーモニー調べ)
櫛木川のホタル祭りではLEDを使用したほたるドームの展示や、たこ焼き・いもぼう等の出店も。
こちらもお会場へ辿り着くまでにいくつかの観賞ポイントがございますので要チェック。【場所】鳴門市北灘町櫛木
【問い合わせ】NPO法人ハーモニー事務局:088-682-0832

t_ten


より大きな地図で 櫛木川のホタルスポット を表示

 

title_orino

img_orino 一時期ホタルの数が減少してしまっていましたが、近年地元住民や地元非営組織「NPO法人ハーモニー」によるホタルが住める綺麗な川にする活動により、
年々ホタルの数が回復しているとのこと。
この折野川では、ヘイケボタルよりもゲンジボタルが多く観られます。【場所】鳴門市北灘町折野
【問い合わせ】NPO法人ハーモニー事務局:088-682-0832

t_ten


より大きな地図で 折野川のホタルスポット を表示

 

title_jyoken

・月灯りのない曇りの日
・蒸し暑い
・風がない
・夜8時~9時頃

 

title_mana

・懐中電灯を照らさない
・フラッシュをたいて写真を撮らない
・生息地内で車のハザードランプを点灯させない
・大声を出すなどして騒がない
・ホタルを捕まえない、持って帰らない
・川や田んぼなどにゴミを捨てない
img_mana

 

title_kiken
ホタルを観に行く際には絶対に草むらの中などに入らないようにしましょう!
猛毒をもつマムシスズメバチなどがいるかもしれません。
また、ホタルのメスは草むらに身をひそめていることが多いので、むやみやたらに草むらに入っていく事は、ホタルたちにとっても良くありません。hotaru_kiken

関連記事

  1. 阿波おどり
  2. 平成27年 鳴門市阿波おどりフォトギャラリー
  3. ひかりやスタッフインタビュー
  4. 鳴門へのアクセス
  5. 鳴門のどんど焼(左義長)
  6. 日焼けのメカニズム
  7. 森陶器 イベントレポート!第8回「大谷焼の里」スプリングフェスタ(前編)…
  8. 鳴との門 海特集

ええとこ(スポット)一覧

  1. 鳴門の渦潮

鳴門の魅力記事一覧

  1. 日焼け対策

PR

03犬
onesupo

[PR]

petbanner
PAGE TOP