鳴との門

第99回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園 2017)に出場する鳴門渦潮高校野球部について

鳴門渦潮高校甲子園出場決定おめでとう!!20170727徳島新聞号外

鳴門渦潮高校甲子園出場決定おめでとう!!20170727徳島新聞号外

 

徳島県大会を見事勝ち上がり、第99回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園 2017)に出場する鳴門渦潮高校野球部。

 

この徳島県立鳴門渦潮高校、鳴門以外の方が耳にしたのは初めての人が多いでしょう。
それもそのはずで、鳴門工業高校と鳴門第一高校(商業)が2012年に統合して誕生した新しい高校で、総合学科とスポーツ科学科があり、生徒数は約700名です。

 

ちなみに統合前の出場回数は、鳴門工業が春5回夏5回、鳴門第一が春4回夏1回、それぞれ出場していますし、県大会も準優勝等、常に上位チーム。
ですので同じく鳴門市内にある鳴門高校と言い、「鳴門は野球が強い!」そんなイメージが定着してきたのはないでしょうか。

 
 
 

さて、第99回全国高校野球選手権の組み合わせ抽選会が8/4に大阪市のフェスティバルホールで開催されました。
8/7開幕が台風の影響で1日ずつ順延となり、8/8に開幕、徳島県代表の鳴門渦潮高校(鳴門渦潮)は大会第5日(8/12)の第2試合(正午開始予定)で新潟県代表の日本文理高等学校(日本文理)と初戦を迎えます!

 

▼夏の甲子園 2017 組み合わせ 試合日程
http://www.kanagawa-baseball.com/koshien2017/

 
 
 

壮行会でキャプテンの松﨑健太が「持ち前の打撃力と守備力を生かし、見ている人を楽しませて鳴門渦潮高の名を全国にとどろかせたい」と決意を述べていたようですが、どのニュースを見ても略称が「鳴門渦潮」と、とてもシンプルに鳴門がPRされているネーミングだと感心しました(笑)

 

持ち前の力を十分に発揮し、勝ち進んで「鳴門渦潮」をたくさん耳にする機会があることを期待しています。

とも

とも

投稿者の記事一覧

鳴との門の運営を始め、Facebookやブログ、Twitter等で鳴門の情報を発信したり、鳴門商工会議所青年部主催のテレビ鳴門の番組「ワイワイYEG」にも出演中。基本的に超楽観主義で、じっとしているのが大の苦手。自称愛妻家兼子煩悩。
尊敬する人物は、うずまきナルト、モンキー・D・ルフィ、ゴン=フリークス。

関連記事

  1. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/9/15(土)・16(日)・17(月・祝) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/9/15(土)・1…
  2. [徳島県鳴門市のGWイベント情報] 2018/4/28(土)~5/6(日) [徳島県鳴門市のGWイベント情報] 2018/4/28(土)~5…
  3. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/5/11日(土)・12日(日) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/5/11日(土)・…
  4. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/6/15日(土)・16日(日) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/6/15日(土)・…
  5. 徳島県鳴門市のマスコットキャラクター「うずしおくん・うずひめちゃ…
  6. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/10/20(土)・21(日) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/10/20(土)・…
  7. グルメ及びお店・企業・団体ページに掲載されている事業者様へ~平成…
  8. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/8/18(土)・19(日) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/8/18(土)・1…

カテゴリー記事一覧

  1. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/9/21(土)・22(日)・23日(月・祝)
  2. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/9/28(土)・29(日)
  3. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/9/14(土)・15(日)・16日(月・祝)
  1. 2018年12月1日(土) 鳴門間税会 文化イベント2018 『伝統芸能とオペラ』
  2. [南海病院]の広報誌【プチグレンvol.15~読むアロマ~】を掲載しました!
  3. \参加者募集!/ 美しい風景×ハードなコース×笑い!12月3日(日)開催「なると島田島ハーフマラソン with 新喜劇」
  4. 2019年6月30日(日) 国指定重要文化財「福永家住宅」一般公開 ~鳴門の経済を支えた「塩づくり」の現場を体験しよう~
  5. 2019年2月9日(土)徳島県内で初めて国指定史跡に♪『板東俘虜収容所跡 国指定史跡 指定記念シンポジウム』・2月10日(日)※要申込『板東俘虜収容所跡と周辺の関連史跡を巡るウォーキング』【鳴門市ドイツ館】

[PR]

PAGE TOP