鳴との門

鳴門のどんど焼(左義長)

 

毎年お正月が終わった時ぐらいに各地で開催されているどんど焼。
そしてどんど焼とも聞くし、どんと焼とも聞くし、これっていったい何だろう?、そう思っている方も少なくないハズ。

 

今一度「どんど焼」について調べてみると共に、鳴門で昨年から運営されている「鳴門縁の会」の代表である四宮弘貴さんにお話を聞いてきました。

 

 

 

どんど焼とは?

 

年中行事のひとつ。
1月14日の夜か1月15日の朝に門松や注連縄、書初めなどを持ち寄り燃やす行事。
青竹、藁(わら)、杉、檜の枝などで作った小屋ややぐらを作り、正月飾り、書き初めを一緒に燃やす。
燃やした火で餅を焼いて食べ健康を祈願したり、燃えかすの舞い上がる状態から運勢を占ったりすることもある。
地域によっては「どんど」「さぎっちょ」「左義長」とも呼ばれる。

はてなキーワードより

 

1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。
民俗学的な見地からは、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味があるとされる。お盆にも火を燃やす習俗があるが、こちらは先祖の霊を迎えたり、そののち送り出す民間習俗が仏教と混合したものと考えられている。
とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きとも言われるが、歳徳神を祭る慣わしが主体であった地域ではそう呼ばれ、出雲方面の風習が発祥であろうと考えられている。とんどを爆竹と当てて記述する文献もある。これは燃やす際に青竹が爆ぜることからつけられた当て字であろう。
子供の祭りとされ、注連飾りなどの回収や組み立てなどを子供が行う。またそれは、小学校などでの子供会(町内会に相当)の行事として、地区ごとに開催される。
地方によって焼かれるものの違いがある。

Wikipediaより

 

 

 

 

 

鳴門縁の会の所以

 

鳴門では撫養町の岡崎海岸にて、新年の無病息災や家内安全を祈願し、正月用品を燃やすどんど焼きが開催されていました。
ところが旧実行委員長であった方が高齢につき、来年から辞めると徳島新聞でご覧になった四宮弘貴さん。
当たり前の様にどんど焼に参加されていたので、日本の大切な風習が次世代に受け継がれなくなってしまうのでは?と懸念し、すぐさま旧実行委員長の元へ足を運び、同世代の仲間達で昨年の2016年から運営されるようになったそうです。

 

節目の30回を迎えた昨年に引き継がれました。

 

16106992_874757142667300_856629722_o

 

 

 

 

 

2017年のどんど焼

 

2017年1月9日に鳴門市撫養町の岡崎海岸で開催されたどんど焼、鳴門縁の会の運営により約300人が来られて1年の無病息災を願いました。

 

メンバーによる点火により、参加者が家庭から持ち寄ったしめ縄を放り込んだり、竹に刺したミカンを焼いて味わいました。
その他、温かい豚汁も振舞われまたり、書初めも行われました。

 

鳴門のどんど焼(左義長)

鳴門のどんど焼(左義長)

 

鳴門のどんど焼(左義長)

 

鳴門のどんど焼(左義長)

 

鳴門のどんど焼(左義長)

 

 

 

 

 

四宮さんより

 

参加される方々の大半はおじいちゃんおばあちゃん世代で、そのお孫さんや親御さんなどがぽつぽつと行ったところ。
そして20代や30代など、間の世代がほとんど参加されていません。

 

書初めの機会も設けてますので、来年以降もたくさんの方が気軽にお越しいただけるよう頑張りますのでご支援よろしくお願いいたします。

 

鳴門のどんど焼(左義長)

 

 

 

 

 

最後に筆者から

 

こういった日本の風習を数十年の年齢の空いた若者達が引き継ぐって本当に素晴らしいです。

 

地区や町のお祭りも同じように間の世代がほとんど参加されていません。
ご近所との関係が希薄になっていることが、残念ながら地方都市である鳴門にも進んでいるように感じます。
ですが、どんど焼やお祭りなど、受け継がれていくからこそ安心して暮らせる町と僕は言い換えられるかと思います。

 

応援及び参加してきましょうね!

 

とも

とも

投稿者の記事一覧

鳴との門の運営を始め、Facebookやブログ、Twitter等で鳴門の情報を発信したり、鳴門商工会議所青年部主催のテレビ鳴門の番組「ワイワイYEG」にも出演中。基本的に超楽観主義で、じっとしているのが大の苦手。自称愛妻家兼子煩悩。
尊敬する人物は、うずまきナルト、モンキー・D・ルフィ、ゴン=フリークス。

関連記事

  1. 徳島県鳴門市の市民と市政をつなぐ情報誌 【広報なると ~2019年7月号~】 徳島県鳴門市の市民と市政をつなぐ情報誌 【広報なると ~2019…
  2. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/3/3(土)・4(日) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/3/3(土)・4(…
  3. ご存知でしたか?! 鳴門市では「防災無線」を聞き逃した場合に備え、メール配信サービスを行っています! ご存知でしたか?! 鳴門市では「防災無線」を聞き逃した場合に備え…
  4. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/10/6(土)・7(日)・8(月・祝) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2018/10/6(土)・7…
  5. 阿波藍
  6. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/10/19(土)・20日(日)・22日(火・祝) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/10/19(土)・…
  7. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/7/13日(土)・14日(日)・15日(月・祝) [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/7/13日(土)・…
  8. 釣りに必要な周辺道具・服装

カテゴリー記事一覧

  1. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/10/19(土)・20日(日)・22日(火・祝)
  2. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/10/26(土)・27日(日)
  3. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/10/12(土)~14日(月・祝)
  4. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/10/5(土)・6日(日)
  5. [徳島県鳴門市の週末イベント情報] 2019/9/28(土)・29(日)
鳴門海峡
  1. 2018年4月29日(日・祝) 1965年から続く伝統の「草の実まつり」を今年も開催!
  2. 宴会や飲み会・女子会にもぴったり!「あったか鍋料理」はじめました!!徳島県鳴門市の居酒屋【半ら】

[PR]

PAGE TOP