終了イベント

2017年8月27日(日) 今回は100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション。「なるとDeシネマ」上映会:『この世界の片隅に』

8月27日(日) 今回は100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション。「なるとDeシネマ」上映会:『劇場用長編アニメ映画「この世界の片隅に」』

「なるとDeシネマ」上映会:『この世界の片隅に』
 
今回は100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション『この世界の片隅に』を上映!
☆大人子ども共通 前売り800円、当日900円☆
 
~なるとDeシネマとは~
2004年5月、市民の有志が映画館のない鳴門市で、感動を呼ぶ名作・話題作を市民に提供し、映画という文化を通じて市民がゆとりを持てるようにと願って活動しています。
上映会は年2回実施し、また利益の一部をボランティアセンターや歳末助け合いなどに寄付し、社会福祉に役立てています。
※第49回鳴門社会福祉大会でボランティア貢献団体として表彰されました。
 
開催日:
2017年8月27日(日) 10:30~/14:00~ ※上映開始30分前に開場
場所 :
鳴門市うずしお会館 2階第1会議室
 
8月27日(日) 今回は100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション。「なるとDeシネマ」上映会:『劇場用長編アニメ映画「この世界の片隅に」』
 
8月27日(日) 今回は100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション。「なるとDeシネマ」上映会:『劇場用長編アニメ映画「この世界の片隅に」』
 
PDF版はこちら
 
STORY
1944(昭和19)年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。新しい家族には、夫・周作、そして周作の両親や義姉・径子、姪・晴美。配給物資がだんだん減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日の暮らしを積み重ねていく。
1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの艦載機による空襲にさらされ、すずが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして昭和20年の夏がやってくる---。
konosekai.jp

鳴との門

鳴との門

投稿者の記事一覧

とにかく鳴門のためにただひたすらに。
魅力が有り余るこの町を皆に好きになってもらいたいです。
鳴門を徳島の鳴門でなく日本の鳴門へ!いや、世界の鳴門へ!

関連記事

  1. 11月3日(金・祝)・4日(土) 鳴門を存分に楽しめる食べ歩き飲み歩きイベント♪第4回「なるとまちバル」 2017年11月3日(金・祝)・4日(土) たくさん店をハシゴし…
  2. 12月1日(金)~28日(木) 「36th 細川政廣 個展-気ままに、ふら~り、スケッチ旅。地中海編-」【Cafe Rosemary's】 2017年12月1日(金)~28日(木) 『36th 細川政廣 …
  3. 2016年8月11日(木) 徳島ヴォルティス「ホームゲーム:VS…
  4. ~2016年9月30日(金) [最大10万円プレゼント]マイレー…
  5. 2018年3月17日(土) 鳴門に楽しいお祭りがやってくる!亀井倶楽部 感謝祭『春のありがとう祭』 2018年3月17日(土) 鳴門に楽しいお祭りがやってくる!亀井…
  6. 2016年5月22日(日) 徳島ヴォルティス「ホームゲーム:VS…
  7. \参加者募集!/ 2016年9月3日(土)・4日(日) 癒され…
  8. 2017/01/07-04/29早朝開館『朝活 in 渦の道』 2017年1~4月 渦潮の見ごろにあわせ早朝開館『朝活 in 渦…

PR

03犬
onesupo

[PR]

onesupo
PAGE TOP