非常時持出品

非常時持出品一覧

飲料水、食料品syokuhin

成人に必要な1日の飲料水は、約2000ml~2500mlと言われていますが、そのうち摂取するのは800~1300mlと言われています。3日間生き延びられるくらいの食糧を持っておくのが理想的です。
非常食は保存性が高く、火を通さないで食べられる(乾パン・クラッカー・缶詰・レトルト食品など)ものが良い。また高カロリーなチョコや飴、インスタントラーメンなども良い。赤ちゃんのいる家庭ではミルクや哺乳瓶も必要。

貴重品kityou

現金(公衆電話用に10円硬貨などを多めに持っておく)・身分証明書・預貯金通帳・印鑑・権利書・各種カード・保険証(コピーでも可)など。
親しい人の電話番号やアドレスの控えも必要。

救急セットkyukyu

常備薬・シップ薬・三角巾・包帯・ガーゼ・脱脂綿・絆創膏・ハサミ・ピンセット・安全ピン・消毒液・整腸剤・持病のある方はその病気のためのお薬(薬品名のメモなども)。

懐中電灯、ラジオ、時計(電池)rajio

最近は自家発電可能のラジオとライトがセットになった物や、水を入れるだけで電気が発生する電池なども販売している。
携帯電話の充電のできる機器を持っておくと便利。

火器類matti

ビニール袋は大きさの違うものを数枚ずつ持っておくと良い。また、ゴミ袋持っていると、カッパ代わりや着替えをする時にカーテン代わりとしても役立つ。
マッチ・ライターは間違って他の物に引火しないように持出には気を付けてください。

ロープ、軍手etc…kappa

災害後は危険物が散乱しており、何が頭に落ちてくるか分かりません。最近では折りたたみ式のヘルメットも販売しています。軍手は熱にも強い綿100パーセントのものを、そしてすべり止めのあるものにしましょう。
靴はガラスを踏んでも足を傷つけない底ができるだけ厚いものを選んでください。

タオル、ティッシュetc…irui

衣類やタオルは汚れを拭き取ったり防寒以外にも、包帯の代わりなど幅広い用途があります。他にも、防寒具としてカイロだけでなく保温ポンチョなどを購入しておくと役に立ちます。

筆記用具、めがね等hikki

油性ペンは伝言などで連絡を取る時や名前を書く時に役立ちます。めがねやコンタクトレンズを着けている方は予備のものを用意しておくと良い。
また、コンタクトレンズは1日使い捨てのものを用意しておくと清潔的です。

非常時の便利グッズ

携帯トイレctoilet

簡易トイレなどが混み合っていたりするときに大変便利。すぐ固まるので漏れの心配もないので安心。そのまま燃えるゴミとして捨てることが可能。
座るタイプ、立ったままするタイプなど形もさまざまある。

サランラップwrap

お皿に巻くとお皿を洗う水を節約でき、身体に巻けば保温もできる。こぶしぐらいに丸めると身体や食器を洗うスポンジにもなります。災害時にはラップは必要不可欠なアイテム。

アルミホイルaluminum

お皿の形などにすると火を使ってその上で調理もできるので便利。

ブルーシートblueseat

下に敷くだけでなく、簡易テントや貯水などにも使える。

エアーマットairmat

冬の場合だと床に直接体が触れないので体温が保たれる。体も痛くなく、疲れない。ストロー1本で女性でも簡単に膨らませる安価なエアーマットなど様々なものがあります。

トイレットペーパーtpaper

トイレのとき意外にもティッシュの代わりとしても活躍する。ある意味ティッシュよりも有効活用できるかもしれない。

家族写真photo

家族と離れ離れになってしまった時などに便利。特徴を話すよりも写真を見せた方が確実に早い。その人の最も最近撮った写真を持つことをオススメします。

ホイッスルwhistle

もし瓦礫などの下で身動きが取れなくなったとき、レスキューなどに気付いてもらうために持っていると便利。

水を使わないシャンプーshampoo

災害時には何週間、最悪何カ月とお風呂に入れない場合が想定されます。そんな時に水を使わないシャンプーはとても助かります。

万能ツールmatti

ナイフ・缶切・はさみ・ドライバー・栓抜き・ヤスリなどちょっとした作業にあると便利な文明の利器。

ペーパー歯磨きtooth

水でゆすぐ必要なしで口もスッキリできる便利なアイテム。

裁縫セットsewing

あるといろいろ便利。かさ張ることもないのでいざという時に備えて。

レスキューハンマーhammer

車からの脱出ができない時に便利。ガラスを簡単に割ることができます。

ペットのいるお宅

リードlead

迷子にならないようにする為。動物の苦手な人もいるのでペットを自由に走り回らせてはいけません。

2~3日分のエサと水petfood

人間の食べ物を与え、返って体調を崩してもいけないので専用のエサを準備してください。

新聞やスコップscoop

糞尿の後始末はマナーです。そのままにすると不衛生になり、動物も人間も体調を崩す恐れがあります。

シャンプータオル(リンス)pettowel

ペットを少しでも清潔な状態を保つよう、定期的に拭いてあげてください。

※ 人に噛みつく恐れのあるワンちゃんはなるべく避難所に連れていくのは控えてください。かわいそうだと思い避難所に連れてきたが故に人に噛みつき、処分されてしまう方がよっぽどかわいそうなのです。
※ 避妊・去勢をしておくのもマナー。災害時には避妊・去勢しなかった犬・猫たちが交尾・出産をするケースが多々あります。ノラを増やすことはとても悲しいことです。

災害時情報発信Twitter

PAGE TOP