地震発生時の行動

家の中にいるとき

1. テーブルなどの下に隠れ、身を守る
大揺れは1分程度でおさまるので周囲の状況をよく確かめ、慌てて外に飛び出したりせず、落着いて行動しましょう。
2. 使用中の火気はすぐ消化
揺れが小さい時はすぐに火の始末を。火元から離れている場合は無理をしなくてもかまいません。
大きな揺れの場合は身の安全の確保を優先してください。
3. 窓やドアを開け、脱出口を確保する
大きな揺れで扉が変形し開かなくなることがあります。
揺れが収まったら窓やドアを開け、逃げ道を確保しましょう。
4. はだしで歩き回らない
割れたガラスの破片等で怪我をしないよう、手近なところにスリッパ等を用意しておきましょう。
5. 非常時持ち出し品を確認する
あらかじめ非常袋など非常時持ち出し品を用意しておきましょう。
参考:非常時持出品
6. 外へ逃げるときはあわてずに
乳幼児や病人・高齢者など災害弱者の安全を確保し、手助けが必要な人には手を貸してあげましょう。
家の外へ出る時は、地面の破片や、屋根瓦・看板等の落下物に注意してください。
7. 避難時はブレーカーやガスの元栓を切ってから避難しましょう
停電が復旧して通電した際に火災が発生する恐れがありますので、ブレーカーやガスの元栓は必ず切ってから避難しましょう。

スーパーなどで買い物中

1. 買い物かごやバッグなどで頭を保護
スーパーなどでは上から商品が落ちてくる事があります。
2. 倒れやすいショーケースなどから離れる
倒れてきたショーケースなどの下敷きになってしまう事がないように、広いスペースに移動しましょう。
3. 慌てて出口に殺到せずに係員の指示に従う
狭い出口に人が殺到すると転倒事故を起こしかねません。
店から出る際は、店員や係員の指示を聞いて行動しましょう。
4. 避難は階段から
エレベーターは、停電で止まってしまう恐れがありますので、階段で避難してください。
地震発生時にエレベーターに乗っている場合は、全ての階のボタンを押し、止まった階で降りて階段で避難してください。

車を運転しているとき

1. ハンドルをしっかり握り、徐々にスピードを落とす
2. 道路の左側に止め、エンジンを切る
3. 揺れがおさまるまで冷静に周囲の状況を確認して、カーラジオで情報収集する
4. 避難が必要なときは、キーはつけたままでドアロックもしない
非常時に警察や消防隊が通行の為に車を移動させる事があります。
避難の際にはエンジンがかけれる様にしておきましょう。
※車検証などの貴重品を忘れず持ち出し、徒歩で避難をしてください。

海岸近くにいるとき

1. 直ちに海浜から離れ、急いで高台などの安全な場所に避難
強い地震や長い時問の揺れを感じたら、ただちに海浜から離れ、急いで高台などの安全な場所に避難してください。
2. 小さな揺れでも油断しない
揺れを小さく感じても、揺れが長い時間続くような場合、大きな津波が来る可能性があります。

災害時情報発信Twitter

PAGE TOP